TEL 交通事故ダイヤル

スポーツ障害 | 岡崎市さくら接骨院は口コミ・メディア掲載多数の親切丁寧な接骨院

お問い合わせはこちら

スポーツ障害

 

オスグッド

小中学生、特に成長期に多い膝の痛みです。
バスケットボールやバレーボールのジャンプ系競技や、走ることが多いと、お皿の下の出っ張った部分に痛みが出ます。これはオスグッドと呼ばれる症状です。
大腿四頭筋と呼ばれる太もも前の筋肉に負担がかかり痛みが発症するので、太ももの前の筋肉を緩めていきます。ただ、膝が曲がらない、正座ができない等、症状が悪化している場合は、四頭筋を緩めるだけではなく、負担のかかっている骨盤まわりの筋筋膜、股関節まわりの筋肉筋膜バランスを正常に戻していく事が必要です

シンスプリント

スポーツをしている学生、特にランナーに多く見られるすねの内側の痛みで、骨膜炎と呼ばれます。
ふくらはぎの筋肉(腓腹筋や後脛骨筋)が硬くなることで、すねの骨に直接痛みが出るので、骨のきわを押すとピンポイントで痛みの場所が分かります。骨折ではありませんので、レントゲンを撮る必要はありませんが、無理をして走り続けていると、疲労骨折を起こしてしまうので、早めの対応が求められます。
シンスプリントはスネや、ふくらはぎを緩めているだけでは痛みが取れないので、太ももや骨盤まわり、腹筋の筋肉筋膜バランスを取る必要があります。

野球肩

野球のピッチャーなど投げることが多いと肩に炎症を起こし痛みが出ます。
特に筋力的に弱かったり、フォームが悪かったりすると痛みを発症しやすくなります。投げ始めが痛いか、投げる途中が痛いか、投げる時に痛いかで、痛めている場所が分かりますが、単純に筋筋膜を痛めている場合もあれば、滑膜、関節包など、複数の場所を痛めている場合もあります。野球肩を発症する人は、チームの中心的な存在である事が多いので、痛くても休めない、痛いのに無理をして投げてしまい、症状を悪化させてしまうことが多々あります。例え、才能に優れた選手も、怪我をしてパフォーマンスを発揮できなければ試合に出れないだけでなく、その後好きなスポーツができなくなってしまう可能性があります。炎症を取り、可動域を広げる操作が必要です
子供は指導者の前では痛いそぶりを見せる事ができません。練習が終わった後に子供が肩を気にしているなど、おかしいと感じた親御さんには早めの施術をお勧めします。どうぞお早目に、岡崎市さくら接骨院にご相談ください。