MENU TEL
TEL 交通事故ダイヤル

岡崎市のさくら接骨院 HOME > 交通事故、むちうち施術

交通事故、むちうち施術

他院との違い

1.「接骨院には通院できません」と保険会社から言われた方でも、当院には通院できます。
わからない事、困っている事など、お気軽にお電話で相談ください。

2. 時間のない方、お忙しい方の為、短時間プログラムもありますので、時間を気にすることなく通院できます。

3. 21時まで受け付けていますので、仕事で遅くなっても安心です。

4. 無理に押したり伸ばしたりしないので、施術による痛みの心配はまずありません。むしろ、心地よいとおっしゃって下さるお客様が大半です。

5. 交通事故専門プログラムで、最後の最後まで責任を持って、しっかり施術します。

6. 症状に合わせた専門施術を行い、3か月以内で95%のお客様が治癒しています。

 

初めて交通事故にあってしまった方へ

初めての交通事故で、現状どうしてよいのかわからない方。

現在、他院に通院しているが、納得いく施術がしてもらえずお悩みの方。はたして、今のままで、今後お体は大丈夫なのでしょうか?

当院ではお体を良くしていくのはもちろん、あなたの不安な気持ちを取り除きたいと思っています。

不安は、痛みを過敏にさせてしまいます。不安のある方、わからない事は当院になんでもご相談下さい。さくら接骨院はあなたの痛みをとるだけではなく、あなたの生活や人生がより良くなるため、全力でサポートします。

ご注意ください

先日、お客様の友人が交通事故にあわれてしまったので当院を紹介したそうです。しかし、その方が保険会社に「接骨院に行きたい」と連絡したところ、担当者に断られてしまった・・という話を聞きました。最近、一部の保険会社、一部の担当者から「接骨院では施術できません」「施術費が払えません」と断られるケースがあります。しかし、医療機関の選択権はお客様自身にありますので、このような発言は、担当者の認識不足と言わざるを得ません。通常の健康保険を使った施術を受ける時と同じく、交通事故施術も、医療機関をお客様ご自身で自由に選ぶ事ができます。転院や併院の選択権もお客様自身にあります。はじめに受診した整形外科の先生に許可をとる必要はありませんし、指定された医療機関にしか行けないという事はありません。接骨院でも交通事故施術を受ける事が出来ます。それにより補償内容が変わる事は一切ありません。さくら接骨院は国に認められた機関で、現在も多数のお客様が交通事故施術を受けていますので、安心して来院して下さい。

 

交通事故ゼロプログラム
 
女性写真

岡崎市は車社会なので、残念ながら交通事故は毎年多発しています。
日本全体で見ると年間約100万人、なんと30秒に1回の割合で交通事故が起きているのです。後方から来た車にぶつけられムチウチになった・・このようなお客様は当院にもよく来院されます。

むち打ちは一般的には頸椎にある関節、靭帯、椎間板、関節包などの軟部組織の損傷や筋肉、筋膜の損傷とされ、肩、頚椎の痛みやしびれ、吐き気、頭痛などの症状をひき起こします。

治癒までの期間は個人差があり、数回の施療で良くなる人もいれば完治まで数カ月かかる人もいます。どちらにしても、交通事故の苦しみは交通事故を経験した人にしかわかりません。

痛みが長びいても、レントゲン検査では骨の位置は正常にあるため、異常なしと言われ病院での施療を打ち切られてしまい後遺症に悩んでいる方や、痛みが長く続いているため、会社の上司や同僚から仮病ではないかと疑われ、会社に居づらくなり辞めることになってしまったお客様も実際います。

不幸にも交通事故にあってしまったら、そうならないよう、薬やシップだけに頼らず早めの的確な施療で早期回復を目指しましょう。

このたび当院独自の交通事故施術が認められ「交通事故ムチウチ施術スペシャリストBEST100」に選出されました。
愛知県で4院、岡崎市ではさくら接骨院のみの選出です。

開院より交通事故施療に力をいれてきた実績が評価され大変嬉しく思います。不幸にも事故にあわれた方、知りあいやご家族が交通事故にあわれた方、転院、併院も可能です。是非一度ご相談ください。

 

交通事故ダイヤル

交通事故、ムチウチの施術

当院の手技はセミナー好きの先生が、アナトミートレイン、トリガーポイント、マッケンジー、BMKなど、日本で、世界でも有名な施術法をとりいれて行っています。

 

炎症除去
第1段階 炎症除去

事故初期は必ず炎症反応がでるので、まずは、干渉波や、K-1選手など有名プロ格闘家や横綱が愛用した「サイバー9000(高周波)」、ドラゴンズリハビリチームなどプロ野球球団でも活躍している「アキュスコープ(微弱電流)」で炎症を抑える施術を行います。

筋肉、筋膜調整

第2段階 筋肉、筋膜調整

筋肉の硬くなっている部分や、左右のバランスが悪くなっている部分を調整していきます。
血流がよくなり回復力も高まり、神経の圧迫が徐々に改善されていきます。

手技による調整にくわえ、ウォーターベッド、牽引機などから、その日の状態に必要な物理療法を選び、心地よく筋肉、筋膜を調整していきます。

骨格矯正

第3段階 骨格矯正

背骨、骨盤の歪みをとり、骨格を正しい位置に戻す事で、ムチウチ等が回復しやすい状態を作っていきます。

これらのステップをふむ事で、痛みの根本原因にアプローチし、後遺症が残らないような施術を行います。

首の痛み・頭痛(追突事故によるムチウチ) A.O様 男性 会社員

 

 

※クリックで拡大します

 

 

先日、追突事故に会ってしまい、整形外科にてムチウチと診断されました。
事故当日の夜から、首の痛みや頭痛がして来て、急いで当接骨院を受診しました。
当接骨院では、先生が親身になって相談に乗ってくれ、疑問・質問に答えてもらう事で、安心して施術を受ける事が出来ました。
スタッフの方々も皆さん親切に対応してもらい、とても有難かったです。
仕事の都合で遅くなる事がありますが、交通事故の施術は夜9時まで対応してもらえる事が、とても助かりました。おかげ様で、事故によるケガは全快することが出来ました。

また何かあった時は、宜しくお願いします。

 

※お客様個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

交通事故 生の喜びの声

 

事故に合った時の流れ

 

チェック!医師から言われる言葉9割
交通事故マンガ
「神の手」を持つむちうち施術の専門家

 

交通事故後この様な症状が出ていませんか?

・むちうち

・頭痛、吐き気、めまい

・手先、足先のしびれ

・腰の痛み

・膝の痛み

・背中の痛み

上記のうちひとつでも症状を抱えておられるようでしたら、専門施術が必要になります。

交通事故によるケガは後遺障害が残りやすいケガが多いため、安易に考え放置してしまうと大きな障害を被ってしまう可能性があります。

現在、他の病院(整形外科・接骨院等)に通院されている方でも転院は可能ですので、少しでも早く交通事故専門院での的確な施術を受けられることをお薦めします。

ムチウチの分類と施療法

ムチウチを施療する場合、まず症状別に分類する必要があります。

頸椎捻挫型

頸部痛、後頭部通、背部痛

神経根症状型

頸部、僧帽筋から上肢にかけての放散痛、しびれ、脱力感

バレリュウ症状型

めまい、耳鳴り、目のチラツキ、かすみ、頭痛、頭重感、物忘れ、倦怠感、吐き気。

これらの3つの分類により施療法は変わってきますが、いずれにしても、初期段階の炎症を早く取る事ができるかが1つめのポイントとなります。

初期のマッサージでの施療も間違いではないのですが、筋繊維損傷を起こしている場合マッサージで修復する事は難しく、特に初期には炎症を拡大してしまうというリスクもあります。炎症を早い段階で取る事が回復への最短距離です。

また他院で初期施療がうまくいかずなかなか痛みが取れない方も、次のステップからの施療ができますので、一度ご相談下さい。

病院でよくならない人

男性写真

ひどいムチウチになると頚椎だけでなく胸椎、腰椎など全体的なバランスをとる施療が必要になってくる場合もあります。

背骨を横から見ると頚椎、胸椎、腰椎、そして仙骨がバランスよく前後にカーブを作っていますが、そのカーブは頭の重さや重力、運動した時に下から突き上げてくる圧力を分散させるスプリングの役割をしています。
事故をきっかけにストレートネックになってしまう方もいますが、胸腰椎とのバランスが悪くなると治りが悪くなったり、徐々に他部位へ悪影響がでたりする事もあります。

頭の重さを中心に考えてみましょう。

・まず頚椎の前弯は頭の重さを前面の胸部方向へ逃すような構造になっています。
・さらに胸椎は後弯により下後方に重さを逃し、背骨や椎間板への負担を減らします。
・その流れは同様に腰椎から仙骨へと続きます。

つまり頭部の重さは1直線に下へかかるわけではなく、それぞれのわん曲により前後に分散されているのです。したがって頸椎が損傷を受けると、その損傷を補うため影響が胸椎、腰椎、仙骨にまで及ぶ可能性があるのです。その場合「木を見て森を見ず」では施療効果が上がらないのは当然と言えます。

カウンセリング時伝えて欲しいこと

カウンセリング時、特に必要な情報は二つあります。

①どの方向から追突され頚椎に衝撃が加わったか?

完全追突の場合は後方からの衝撃
側面衝突の場合は左右からの衝撃
斜め衝突の場合は回旋の加わった衝撃
複合衝突の場合は前後左右回旋が入り混じった衝撃

②頸椎を動かした時、痛みが出る角度と程度。

①で聞いた状況と②の可動域検査結果を照らし合わせると、どの筋肉を痛めているかが分かります。そしてその筋肉を緩めることは治癒への第一歩となります。それぞれの動きに関係する代表的な筋肉は以下になります。
前屈・・・胸鎖乳突筋、肩甲挙筋、上部僧帽筋、頭板状筋
後屈・・・板状筋、後頭下筋、脊柱起立筋、斜角筋、胸鎖乳突筋
側屈・・・板状筋、後頭下筋、脊柱起立筋、胸鎖乳突筋

ムチウチとは?

交通事故写真

ムチウチという言葉が初めて使われたのは1928年サンフランシスコの医療学会で整形外科医のハロルド ディー クロウ博士が、交通事故による頸部損傷について報告した際に使われたのが初めてだと言われています。

この報告でクロウ博士はwhiplashinjuryという言葉を使いました。
whipはムチ。lashは打つ。 日本語に直すとムチウチ損傷になります。

追突された時、首の動きは一旦後方に反り、その後強制的に強く前方に倒れていきます。その一連の頚椎の動きがムチ打つ動作に似ているため、クロウ博士はそのようの表現を使ったのですが、例え方がうまかったので、日本でもいつの間にか事故時の首の痛みにムチウチと言葉が使われるようになったのでしょう。

ムチを打つ時、一旦後ろに引いたムチを前方にもっていく事で効力を発揮しますが、頸部がその動きを強要された場合、ムチにあたる頸椎の上には5キロ以上もある頭部がのっている為、ムチウチを起こしてしまうと想像を絶する負担が頸部にかかってしまい、最悪頚椎骨折に至ります。
それを考えると、ムチウチの痛みが強くでるのも当然かもしれません。

症状の重軽にかかわらず、痛みを感じているのなら適切な施術を受ける事をおすすめします。

当院の受付時間

当院へのアクセス情報

所在地〒444-0831 愛知県岡崎市羽根北町3-4-9
駐車場6台あり
電話番号0564-53-1626
休診日水曜午後、日曜
祝日もやっております