MENU TEL

岡崎市のさくら接骨院 HOME > 四十肩、五十肩

四十肩、五十肩

四十肩、五十肩を素早く鎮める岡崎市の岡崎駅近くにあるさくら接骨院

四十肩、五十肩というのは名称が違うだけで、両方共同じものです。四十代、五十代の年代になるとあらわれることが多いため、このような名称がつけられているのです。

原因にはさまざまなものがありますが、スポーツ等のしすぎによって肩の組織が硬くなってしまったこと、逆に運動不足で筋肉が衰えてしまったこと、長時間の無理な姿勢を続けてしまったこと、といったように何故四十肩、五十肩が起こったのかを確認することも重要です。

岡崎市の岡崎駅近くにあるさくら接骨院では、まずはカウンセリングにて日常生活などにつきましてもお伺いさせていただきます。

ある日突然あらわれる四十肩、五十肩

四十肩、五十肩の痛みはある日突然あらわれることが多いのです。激痛とともに肩が動かせなくなり、腕が上がらなくなってしまった…という経験をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。ただ、程度は人によって異なりますが、実際強い痛みがでる数週間~数か月前から違和感があった、軽い痛みがあったという方がほとんどです。つまり四十肩、五十肩には前触れがあるのです。

「最近肩こりの症状が変わってきた」「今までとは違う痛み」に気づいたら、すぐに岡崎市の岡崎駅近くにあるさくら接骨院で治療を受けるようにしましょう。

また、この症状は、肩を使った作業を繰り返す事で発生します。野球の投球やバレーボールでのアタックなど、日常生活の可動域を超える動きを繰り返し強いる事や、手を挙げての作業が多い方などは、痛みがでてしまう事が多いので、あらかじめ肩周りのストレッチや、場合によっては筋力アップで予防するようにしておくことが必要です。

素早く痛みや炎症を鎮めていきます

四十肩、五十肩は一般的な通称で、正式傷病名は「肩関節周囲炎」です。四十肩は疲労性、五十肩は加齢性と言われますが、どちらにしても肩周りに炎症が起こっているのですから「そのうち治るだろう」でムリを続けていては治りません。

四十肩、五十肩は、もともと動きが悪い関節に症状が現れます。右手を上から、左手は下からまわし、背中で指と指がつけば可動域に問題はないのですが、もしつかないというのであれば、下からまわした左肩に問題があります。逆に左手を上から、右手を下からまわし、指と指がつかなければ右肩に問題があります。一度試してみてください。届かないという人は、今、痛みが無くても将来四十肩、五十肩になる可能性大です。

岡崎市の岡崎駅近くにあるさくら接骨院では、つらい四十肩、五十肩の症状を素早く取り除いていくための専門治療が出来ます。痛み・炎症を鎮め、関節の動きを取り戻していきます。肩だけではなく、全身に対しての施術をすることがポイントとなります。

当院へのアクセス情報

所在地〒444-0831 愛知県岡崎市羽根北町3-4-9
駐車場6台あり
電話番号0564-53-1626
休診日水曜午後、日曜
祝日もやっております